2006年09月06日

冷却塔。

建物内の熱を捨てるところ。
それが、冷却塔です。

161_6122.JPG熱を回収して捨てるための水は「冷却水」。
冷却水を通す管は「冷却水管」。
冷却水を循環させるポンプは「冷却水ポンプ」。

積雪寒冷地で、降雪期にも使用する場合には、
写真のごとく、上部に防雪フードが付きます。


「冷却水」は、その熱をとにかく外に捨てたいので、
冷却水管を保温するようなヤボなことはいたしません。
管表面から熱が逃げるのは、大歓迎なのですから。


冷却水の温度をさませばよいだけなので、形態はどのようにしても良い。

けど、空気中で放熱する場合には、効率などを考慮しておのずと似たような形になります。


屋上にこんなでっかいものを堂々と乗せたくない、という場合には、建物と一体化して機能を果たす工夫も可能だと思いますが、あいにくそのようなものは見たことがありません。
せいぜい周囲に目隠し板を設置しておしまいですね。


ただの「見た目にジャマなもの」ではなくなると良いんですが。

(「冷却塔。」おわり)

posted by けろ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック