2006年09月02日

パイプシャフト。(1)

パイプシャフト(以後、PSと書きます)とは、いろいろな設備のための配管が通っているスペースのことです。
(マンションの場合には、各種メーター類も入るので、メーターボックス(MB)と呼んだりします。)


普段は、なかなか見る機会が無いと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

PSやダクトスペース(DS:空気を通す「ダクト」が入っているスペース)、EPS(電気のケーブルなどが入っているスペース)の面積は、統計的に「床面積の何%」というような数値があります。

けれども、それは飽くまで統計的な数値でして、実際の建物では千差万別です。


配管がたくさん入るPSは大きく、あまり入らないPSは小さく。


存在意義からしますと、本来は、それが当たり前なのですけれども、なかなか思い通りにはいかないものです。


設計のプロセスによって、PSやDSの、EPS面積の取り方がだいぶん違ってくるものです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【パターン1】意匠設計者が決める場合。

動線計画や部屋の間取りなど、意匠設計者がプランを練って、その過程でPSやDSを入れていきます。
ゾーンごとにそれなりにPSやDS、EPSを描くわけですが、えてして「余ったスペース」があてがわれるものです。
設備のシステムが決まらないと、入る配管の本数やダクトの太さは決まらないモノ。
でも、あまり大きくない建物なら、配管も細いし本数もたかが知れてますから、何とかなります。

そして、こういう建物の場合には、そもそも設備の設計など行われないことも多々あります。
工事業者さんの下請に入る設備屋さんや電気屋さんが考えて、それなりに工事していきます。

このパターンの場合、狭すぎるPSや、使い道のないPSが発生することもあります。
そうなるかどうかは、担当する意匠設計者の力量にかかっています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【パターン2】意匠設計者が設備設計者と相談して決める場合(1)

実施設計プランがほぼ出来た頃、意匠設計者が設備設計者にPSやDS、EPSの位置と大きさについて意見を求めます。

具体的なプランになっており、予算関係もだいたい見えてきているため、おのずと設備システムが限定されてきます。PS・DS・EPSの大きさも、ある程度想定できます。

それで、狭いから拡げて欲しいとか、こんなに要らないとか、意見を述べるわけです。

ただし、この時点ではなかなか要望どおりにはならないものです。(特に拡げる場合は。)


意匠的には、建物の目的にかなった、かなり理想的なプランになっているのですから、今更PSを拡げたりしてプランを崩すのは難しいことです。

柱の脇に小さな配管スペースを作ったり(「柱型をふかす」と表現します)、建具や家具をちょっとずらしたりして、ある程度のスペースを捻出することになります。

一般的には、このパターンが一番多いように思います。

設備システムがある程度パターン化されているような建物で、意匠設計者がその用途の建物に慣れている場合には、かなり適切なPS、DS、EPSが出来上がります。

設備システムがパターン化していない種類の建物だと、意匠設計者の設備的な素養によって、良し悪しが決まってきます。

「これだけしかスペースが取れないから。」

と意匠設計者から言い渡されて、空調衛生設計者と電気設備設計者とでスペースの奪い合いになることもあります。(現場では、施工者どうしで改めて奪い合います。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(「パイプシャフト。(2)」につづく)
posted by けろ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック