2006年07月23日

ところかわれば、設備もかわる。(1)

南北に長い日本。
亜熱帯から亜寒帯にわたる、気候風土の多様な日本。

気候が違うと、「建築」や「設備」も違ったものになります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

北海道観光に行かれた方、住宅を見て、違和感を感じませんでしたか?


北海道の住宅は一般的に(例外ももちろんありますが)、

・瓦屋根がない
・雨戸がない
・雨どいがない
・二重サッシになっている
・風除室がある
・煙突がある(これは、比較的古い家だけかな)
・灯油タンクがある(灯油暖房や灯油給湯をしている場合)
・水道メーターがとても深い所に埋まっている
・水抜栓がある
・屋内の水道管に水抜き時の空気取入用の蛇口がついている

151-5183_IMG.JPG

蛇口が上に向いてついているなんて、変に見えるかもしれませんが、工事ミスじゃないですよ。
もちろん、画像が上下逆なのでもありません。
水抜きをする際、この蛇口を開けると、ここから空気が入ってスムーズに水が抜けるのです。


(「ところかわれば、設備もかわる。(2)」につづく)

posted by けろ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック