2009年07月30日

なんとか。

かなり厳しかったスケジュールが少しだけ、ゆるみました。


やっと、情報収集。

そうか、今年は易しかったのか。
どうりで。

でもその割には「自信を持って」書いた解答が
多くなかったような。

1時間延びたことで更に「記憶力だけでなくて体力もね」
的な要素がアップした試験だったと思います。


まともに取れたもの、
迷って迷って何とか当てたもの、
適当にやって当たったもの、
迷った挙句に間違ったもの、
いいかげんにやって当然合わなかったもの、
うっかり落としたもの……。

まあ、いろいろ合わせた結果なわけで。



ワタクシの採点結果は
18-18-24-25-19/104(某学院による)
でした。


さて、基準点はどうなるのでしょう。


ひとまず、製図の対策を始めるべきなのでしょうね。
posted by けろ at 13:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 建築士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けろ様、おめでとうございます。
これからは、製図の準備ですね。
基準点は、私の予想では、92点です。
+12点は落ちようが無いので、安心して製図の準備をはじめてください。
私は、基準点以下なので、学科の準備と体力強化にはげみます。
Posted by masa at 2009年07月31日 00:11
けろさん とうとうやりましたね
おめでとうございます
まだ噂の段階ですが Sが94で現在の合格基準点の上限です
Nの製図説明会で、現在94で25%とのことで説明がありました。

製図試験は学科の合格者数が多い分昨年より厳しくなるだろうとのことでした、4000人〜5000人が最終合格者数の目安らしいです(今年の学科合格者数と昨年からの角番受験生の数で足すと最終製図合格率が見えてくると思います)

今年と来年は現在設備設計者の絶対数が不足してる関係で恐らく設備設計者には有利になる製図試験になると想定できます、(噂では別枠があるのではとも囁かれております)
また製図受験3年目にまでもつれこむと後がないプレッシャーが凄くなりますのでできれば今年か来年で決めることをお奨めします。
(採点も初年度から次年度へ段々と厳しくなります)

ではでは
Posted by ocha at 2009年07月31日 04:27
masaさん、こんにちは。
某フォーラムでのmasaさんの書き込みを通じて、法規はだいぶ学ばせていただきました。
ワタクシは法規がどうもイマイチなので……。

ぜひ来年度は突破されますように。
(建築学科のルーツを持たない設備・電気技術者には
 ホントに厳しい試験だと感じます)

製図……。
設備のスケッチなら、なんぼでも描けるんですが。
とにかく、がんばります。
Posted by けろ at 2009年08月01日 14:15
ochaさん、こんにちは。

> 噂では別枠

そうですかぁ。
ワタクシは、「二級」で受験しているのですが、
今年は受験申込時に「設備士所持者は全員必ず書くこと」となっていて、ちと驚いた記憶があります。

でも「試験用の図面が描ける」ことは必要なので、ボチボチ学びたいと思います。

「プレッシャー」は、無いです。
所詮は設備屋なので、異種格闘技なのです。
「どうしても勝たねば」とは、思いたくても思えないので。
Posted by けろ at 2009年08月01日 14:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック