2009年05月22日

錆びてしまっています

とあるマンション。
メーターボックス内。


103_1297.JPG

量水器、減圧弁、レジューサー(鋼管)、給水管(銅管)とつないでいる部分。
数年前、量水器を交換した際にやり替えている部分らしいのですが。


滲みだした水分が保温材にしみこんで(?)
銅管外面まで腐食の憂き目に遭ってしまったところも。

103_1368.JPG


一方で、銅管レジューサーを使用しているお宅もあったりして。

103_1382.JPG

こちらは、全然平気です。


(「錆びてしまっています」おわり)




posted by けろ at 02:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
異種金属配管の接続による腐蝕ですね。
施工された業者さんは、銅管は不得意だったのでしょうか?(配管材の制約がなければ、HIVP等で施工した方がまだましだったかもしれませんね)

Posted by masa at 2009年05月23日 17:43
同じ業者でやっていたようですので、手元にあった継ぎ手を安易に使用してしまったのでしょうか。

設備に関する高度な専門能力を有する「設備設計一級建築士」の方々には、是非このあたりも注意していただければと思うのでした。
Posted by けろ at 2009年05月24日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック