2008年09月11日

H20一建結果

9月9日救急の日、学科の発表でした。


福田さん辞めたり、客先の設備にトラブルがあったりで、
ずいぶん前のことのように感じますが、今日通知ハガキが来ました。
(て、去年とおんなじ。安倍さんが福田さんになっただけ)

事前の解答予想やJAEIC発表の正答番号で確認できていましたが、
一応ハガキの内容を見てからご報告を、と。


昨年度よりも更に合格率が上がりました。15.1%だそうで。
合計基準点は1点アップ。

昨年比11.6%増し(5085人)が受験し、
合格者が49.2%増し(2428人)とのこと。
7364人合格ですよぉ。すげー。

駆け込み受験、建築設備士への受験資格付与により、受験者大幅増加。
準備不足の増加者は下の方に沈み、以前からの一般受験者は
比較的合格しやすかったと考えられます。
われわれ設備屋は、平均点&合格基準点引き下げに貢献していますな。
(でも、ちゃんと受かった方もいますけど。少ないですが)


で、結果は、

       計画   法規   構造   施工   合計
合格基準点  13    12    13    11    64
ワタクシ     16    14    18    10    58


昨年の得点が55点ですので、3点アップと相成りました。
5点くらいは上げたかったのですが、ちょっと残念。

ちょっと、法規。 何これ、てなもんです。
いくら何でも、もうちょっと得点しなきゃ。
法規19点、施工11点なら、通っちゃってますから。
ちゃんと得点に結びつける。今後の課題ですね。


ま、点が取れた問題も、必ずしも判ってて取れたわけじゃないのもありますし。
ミスで落としたのもありますけど。

何にしても、あと10点は欲しいところですねぇ。
足切りの問題もありますけど。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さてと、学科のみならず、製図の対策もボチボチ必要ですね。

面白くないとか面倒くさいとか下らないとか馬鹿馬鹿しいとか
言ってる場合じゃなくなってきました。

身辺慌ただしくなってきます。


管理建築士講習、追加日程が発表され、来週から申込受付開始。
事務所協会の方に聞いたら、今回は登録更新年度にかかわらず
受講して良いとのことですので、この際先に済ませておくことにします。
来年の製図試験を望み見て。

応急危険度判定士も、今年更新。

それぞれ、一級の学習にも役立てることが出来そうです。
いや、とにかく何でもすべて、役立てねば。

いくら何でもそろそろ、学科を通過しなければなりません。


……ああ仕事、終わんね。 どぎゃんとかせんと。

(「H20一建結果」おわり)
posted by けろ at 00:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 建築士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 惰性で行くと良い結果にならないと感じたので、若輩者の意見です。

最後の追い込み、くいなきように。
いい訳は、なきように。
少しの最善尽くすように。

少し語ってみました・・・。
Posted by つなぎの水道屋 at 2009年07月10日 23:09
コメントありがとうございます。

> 惰性で行くと良い結果にならない

おっしゃる通りです。が。
平成21年度試験も近付いておりますが、今のところ「惰性」の域を出ておりません。

言い訳のしようもありません。

20年度よりは、少し力学計算がわかるようになったかなぁ。

そんな感じです。
Posted by けろ at 2009年07月10日 23:31
一歩進んだ時のけろさんの発信内容の変化、少し興味がある者です。
2日後の試験、手応え有りとの報告を心待ちにしています。
Posted by つなぎの水道屋 at 2009年07月24日 22:40
つなぎの水道屋さん、ご無沙汰です。

「一歩進んだ時」の変化ですか。
ワタクシ自身、興味があります。

問題は、その「一歩」なのですが。
Posted by けろ at 2009年07月26日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106366784
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック