2022年05月29日

吹抜けにありがちな

吹抜けで、上部がガラスのアトリウム。

一時すごく流行って、
今でもそれなりに設けられる、そんな空間。



そこにありがちなのは、
側面に並ぶノズルと上部に露出されたスパイラルダクト。


22052901.JPG



この上部ダクト、
よく見ると射流ファンが挟まれている。


右のほう、下を向いているノズル部分から吸い込んで、
スパイラルダクト上部に並べられたノズルからガラス面に吹き付ける
そんな「サーキュレーター」的な役割だろうか。



反対面も同様の作り。


22052902.JPG


夏は、上方に溜まった熱気を排気できるといいのだけれど
ここにあるのは単にかき回すだけのファン&ダクトのようだ。



左側、アトリウム端部に露出となっている太いダクトは
側面ノズル行きの空調ダクトなのかどうか。



今ドキだから、照明器具はみな
LED化されているようだね。
(「吹抜けにありがちな」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする