2022年05月21日

内装に溶け込んでいる?

屋内消火栓は、消火設備だ。


非常時に操作されるべく、
赤で塗られたりランプが光っていたりして
結構目立つ作りになっている。


はずだ。


そう思っていたのだけれども。



ものごと、例外というものはあるわけで。


22052101.JPG


一応、判別はできる、よね?


ボタンとランプは赤いし。

右のランプは消灯しているけれど、
ボタン周囲が点灯する新しいものに取り替えられている。



でも、目立たないなぁ。


内装に溶け込んでいるなぁ。



「これで良いなら、よし、早速採用しよう!」



そう簡単に真に受けないで欲しい。


この類は、所轄消防署の判断が最重要だ。

「あそこで大丈夫だったんなら、ココでも良いよね?」

が通用しないのだ。



事前に確実に根回しもとい相談をしておかないと
完成検査で指摘された後では手遅れだ。



ただ「こういう事例を見掛けた」という事実を示しているに過ぎないので
悪しからず。
(「内装に溶け込んでいる?」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする