2022年05月17日

いろんなものが一目瞭然

その建物は、どういう設備によって構成されているのか。

ぱっと見わかりづらい建物は多い。



設備なぞ、あまり世間様にお見せするようなものではなくて
ただ機能を果たすことのみが求められるものだから。



いろいろな「工夫」によって、その設置場所も隠匿されて
そういう建物ほど「グレードが高い」ものであると
認識されているようにも思うのだ。


ま、実際、そんなものである。



「見た目が9割」かどうかはともかくとして
「中身こそ大事」だという建前はあるにしても
やはり見た目は重要視される領域なのだから。



ただ、そういうことにこだわり始めるとコストが嵩むから
ローコストの方が優先度の高い建物であれば
おのずと「設備」たちが表だって見えてきてしまうものだ。


殊更に己を主張するわけではなくとも
そこに存在することが見えてしまえば
「目立つ」と言われても仕方がない。


ただそれも、ローコストを追求した結果なのであるから
「オモテにツラ出してんじゃねーよ」と
文句は言わないで欲しいのだ。


積極的にしゃしゃり出てるんじゃなくて
姿を隠させてもらえるだけの費用を出してもらえなかっただけなのだから。


22051701.JPG


でも、正面じゃあないんだから
許容範囲だよね?


メインエントランスから見たら、側面にあたる壁面なんだから
たとい駐車場側だったとしても、日の当たる場所だったとしても
それはそれで仕方ないよね?



でもさ、一人くらいは居るものなのだよ。
こうやって写真に撮るヤツが。

受水槽(ずいぶんちっこいけど)を置いて、
給湯器を並べて、
冷暖房も換気もガスも丸見えの
そんな外壁に興味を持つ輩が。



「一目瞭然」とタイトルには書いたけれども
電力や電話の引き込みは、わからん。

給水の一次側も、埋まってるからわからん。

排水系統もだ。



何やかや言っても、なかなか一目では瞭然とならないものだ。
(「いろんなものが一目瞭然」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする