2021年03月11日

瀬戸市のマンホール蓋

愛知県瀬戸市。


「せともの」という言葉があるくらいに、
瀬戸と陶器とのつながりは深い。


だから、瀬戸市の市章も 「土と壺」 となっている。

市章 とか 徽章 とか呼ばれることが多いように思うけれども
瀬戸市では「紋章」と記されているのが興味深い。


昭和5年制定というから、かなりの年代物である。


一瞬、病院関係かとも思われるが、
壺の中は十字ではなくて「土」の字であるようだ。



そういうわけで、
瀬戸市のマンホール蓋の中央には
この紋章が使われている。


21031101.JPG



が、紋章そのものではなくて
下水の「下」が加えられている。



紋章の周囲は、
市の木である「くろがねもち」と、市の花である「つばき」


非常によくあるモチーフである。



親子蓋も、同様。


21031102.JPG


子の部分が、上記画像と同じであって、
親蓋の部分は一般的な市販の亀甲地である。



小口径桝の蓋も、同様。


21031103.JPG


あいにくの雪混じりの天気で
ところどころ濡れており、
ピントがうまく合わなかったのはご愛嬌、
ということにしておいていただきたい。



雨水桝は……というと
「下」のかわりに「雨」が使われている。


21031104.JPG


わかりやすい!



この蓋は……?


21031105.JPG


どうやら、東邦ガス のもののようだ。

瀬戸市も 供給範囲 に入っている。


蓋中央にあるのは、
かつてのマークのようだ。
現在のコーポレートマークは違うものになっている。



消火栓の蓋は……


21031106.JPG


市の紋章そのままで、
「消」とか「火」などの文字は入っていなかった。



いろいろと奥の深い「蓋の道」である。
(「瀬戸市のマンホール蓋」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

何の棒でしょ?

無電柱区間の歩道には
ところどころに地上機器が設置されている。


配電箱、変圧器箱、分岐箱など
その用途によって本来的な名称はいろいろだけれど
とにかく見た目は鉄の箱である。



21031001.JPG



と、その箱に、
赤白の棒が2本
取り付けられている。



この棒は、秋深くなると取り付けられて
春になると、取り除かれる。



一体、何?



じつはこれは、目印である。


大雪が降ると、
この箱が埋もれて見えなくなることもある。


もしも除雪車がこれをひっかけてしまうと
とんでもない事故になってしまうから
「ここにあるよ」という目印として
取り付けられるのである。


雪の無い地から訪れると、
すごく違和感を覚えるかもしれない。



この箱に限らず、
雪に埋もれて見えなくなりそうな障害物には
この棒が取り付けられることが多い。

何度か「痛い目」を見ると
多少面倒でも取り付けたほうがマシだと
思えるようになるのだろう。



地域によって、国によって、
こんな感じの「ちょっとしたコト」の違いがあって
とっても面白かったりする。

それが、旅の楽しみの一つだったりする。

それが純然たる旅行であっても、
仕事(出張)であったとしても。
(「何の棒でしょ?」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

こんな屋根でも無いよりは

エアコンの室外機は、
外部からの衝撃には決して強くはない。


耐衝撃性能なんて、
求められちゃいないから。



でも、積雪地においては
その衝撃と対峙しなくてはならないこともある。



屋根からの落雪が
彼女らを襲うのである。

なぜか、機械類は女性名詞だ。


あ、雪も女性名詞だ。

ってことは、キャットファイト的な?


いやいや、閑話休題。



雪(と言っても、落ちてくるのはたいてい氷の塊だ)に
耐えられるような頑丈な本体を作ろうとすると
たいそうなコストがかかってしまうから、
他の手段で防護するしかない。


ということで、室外機に屋根をかけることも
少なくない。



エアコン室外機の屋根、といっても
千差万別。



単に上に雪が積もらないように、という意味の屋根もあるし
落雪(落氷)から防護するための屋根もある。



「防護」にもいろいろなランクが有り得て、
エアコン本体を守ることができれば良いから
屋根自体は壊れて元々、と考えることもできるし
屋根も頑丈で壊れないようにすることを目指す場合もあるだろうし。


機能だけではなくて、
見た目やコストも重要な要素だ。



と、こんな屋根を、見かけたのだ。


21030901.JPG


短管とベニヤで組み立てられている。



これなら、コストはそんなにかかるまい。

強度は……そんなに無さそうだけれど、
屋根が破損することで衝撃を吸収し、
室外機本体が損傷しないように守る効果はありそうだ。

それが連続すると2回目以降は防御力が無いけれど
氷塊はそんなに短時間で連続して形成されるわけじゃないから
その間に直せばよかろう。


見た目は……こんなだけれど
コスパを考えると、なかなか良い選択かもしれない。


こんな屋根であったとしても
無いと有るとでは、おそらく雲泥の差。


室外機がぶっ壊れてしまう被害となると
幾らかかるかわかったものではないのだから。



隣の灯油タンクにも
屋根が取り付けられている。


こちらは製品版のようだ。



ちなみに、架台の高さは
その地の積雪量や、人力による除雪の有無などを考慮して
決めることになろう。


積雪地でエアコンを見かけることがあったら
そんな視点でも見てみたら、
興味深いに違いないのだ。
(「こんな屋根でも無いよりは」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

じえいたいのくるま

あ、じえいたい の くるま が はしってる。



じえいたい なのに しろい なんばーぷれーと だ。



へんだなぁ。



じえいたい ……?



じえい ちがい だ。



21030801.JPG


じえい は じえい でも、そっちかい。



あまぞん を みたら


りくじょう じえいたい の すてっかー とか
うってる じゃない。


「楽じゃないけど好きだから」なんて
きゃっち ふれーず が かいて あったり。



そういう くぶん で いったら

わたくし も たいいん だ!


ははっ。



ふめいよ じょたい に ならない ように
がんばら なくっちゃ いけないね。



がんばれ! にっぽん ぜんこく の せつび の じえいたい!
(「じえいたいのくるま」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月07日

駐車場にはロマン(せつび)がいっぱい!

屋内の駐車場には
「せつび」がいっぱいある。

つまり、「ロマン」に溢れている、ということだ。



屋外の更地の駐車場には
雨水排水があるくらいだけれど、

屋内になると、とたんに設備が増える。



車の排気ガスを除去するため、

人間の呼吸に要する新鮮空気を供給するため、

万一の車両火災を消し止めるため、

場内を照らすため、

駐車場管制のため、

などなど。



監視カメラ関係も、
死角の多さから、屋外よりも多く必要だろう。



21030701.JPG



屋内だけれど、壁が無いタイプの
自走式駐車場。


壁があると、更にいろんな「せつび」が必要になる。
主に、防災関係の要素が増える。

だからコストの関係上、
壁無しになっているところが多いだろう。



配管、ダクト、電線管、センサー、警告灯、
さまざまなモノが写っているのに気がつくだろうか。



利用者として歩いている際には、
恐らくまったく認識されていないであろう諸々に
意識を向けてみると、
思いの外多くの存在があるのに気づくことだろう。



この配管や、
噴射ヘッドを見る限りにおいては、
粉末消火設備が設けられているみたい。


泡消火かもしれないけれど。



配管に輪っか状に色がつけてあるのは、
たぶん放出系統を示しているんだろう。



どの管がどのくらいの系統をカバーしているのかなとか
追いかけ始めると、不審者でしかなくなってしまうから
まあやめておくことにする。

仕事で調査するんなら、
堂々とできるんだけれどね。



こうやって写真を撮る人間も
そんなに多くはあるまい。



監視カメラには、不審者の一人として
録画されてしまっているのかもしれない。

まあ、いいっしょ。このくらいなら。
(「駐車場にはロマン(せつび)がいっぱい!」おわり)
posted by けろ at 10:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

配管から出てる、しっぽ

建物の脇に、
雨水配管が下りてきていたのだけれど、
先っぽから、しっぽが出ていたのだよ。



21030601.JPG


何だか、わかるかな?



そう。


凍結防止用のヒーターが
配管の中に通してあるのだ。



どこか上の方から、
配管の中に挿入してあるタイプ。


どこかで、コンセント電源に繋がれているはず。



塩ビ管みたいにみえるけど、
熱で融けてしまわないかって?



そんなことは無いのだ。



「自己温度制御型」で、
5℃くらいに保たれるから
触ったって、ちっとも暖かくなんてないんだから。



冬になると、管の中が凍ってしまう
そんな地域だけで見られる「しっぽ」なんだ。
(「配管から出てる、しっぽ」おわり)
posted by けろ at 15:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

工事現場の仮設ステージ

「仮設ステージ」と言っても
そこでコンサートをやるわけじゃない。


誰かが演説をするのでもない。


演劇やサーカスでもない。



工事現場に設けられる、それである。



21030501.JPG



屋内の階段やエレベーターなどによって
アクセスしづらい場合とか
使用中の建物の部分改修に際して
外部から直接搬入搬出したい場合とか
こういうのが組んであると便利だったりする。



現場で作業をするとか
設計者として、あるいは施主(や代理人)として
現地確認するとか、
そういう機会でもないと
上がることは無いと思うけれど。



設備の「ナガモノ」を入れたりする時なんか、
重宝するなぁ。
(「工事現場の仮設ステージ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

近くで見た太陽の塔

写真や映像では良く目にしたものであるが、
実物を間近に見たのは初めてであった。


21030301.JPG


近影が多いから、
こんなふうに木々に囲まれていることを、
高速道路に面して屹立していることを
知らなかった。


公園の中央口の正面に、鎮座していることを
知らなかった。


21030302.JPG


2025年に開催が予定されている大阪万博だけれど
1970年に行われた前回大阪万博の遺物が
こんな広大な公園に残されているとは
素晴らしいことなんだと思うのだ。


21030303.JPG


仕事帰り、
空港に向かう途中でちょこっと寄っただけなので
入園はしなかったのだけれども
また今度は、ちゃんと中を見る機会があるといいな。


21030304.JPG



国立民族学博物館 なんて、
行ってみたくて涎が出そう。

3日、いや5日、できることなら10日間くらい
通い詰めてもいいかも、と思えるようなラインナップだ。



ああ、一度だけ行ったトーハクや
何度も行っている科博にもまた行きたいし。



ルーブルとか大英とかスミソニアンとか故宮とか
そういう有名どころも、とても食指をそそるし

それほど有名じゃないけれど数多ある博物館、資料館、展示館の
一つ一つが魅力的である。



行きたいところばっかりだっっ!
(「近くで見た太陽の塔」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

人は居なくとも設備ははたらく

ワタクシはせつび屋なんだけれど
何やかや移動することもあって。


こういうご時世だから、
頻繁にというわけじゃないけれど
それでも現地に行かなくちゃならない仕事もあって。



緊急事態宣言は解除の方向であるけれど
そして諸外国と比べるとかなりマシな状況ではあるけれど
それでも交通関係は非常事態が続いている感じではある。



閑散とした、中部国際空港。


21030401.JPG


「セントレア」と名付けられている。



ここに限るまい、
各都道府県に、場所によっては複数ある空港が
どこでも大変なんだろう。



減便・欠航がかなりあるため、
搭乗率はそれほど低くない印象ではあるが
確かに便によっては満席となるものも出てはいるが
移動する人間の総数が激減したまま
1年過ぎようとしていることに変わりはない。



ここセントレアでも、
ボーイング787型機の実機展示がなされている
フライトパーク も、営業をやめてしまうのだという。



いつも国内外からの観光客で賑わっていた飲食・物販店舗は
軒並み営業中止または退店してしまっていた。


21030402.JPG


「臨時休業」が常態化してしまっているから
「臨時」でもなんでも無い、シャッター街と化している。


21030403.JPG


フードコートも、
すべての店がやっていないから
ただの休憩コーナーになっていて、
しかも人が居ない。

電気代を食うだけの空間となっていた。



たとい人が居なくても、
「せつび」はある程度働かざるを得ない。


これだけの器を維持するために
相応の設備が設けられており、
ある程度容量・出力を抑えた運用をするにしても
毎日毎日多くの経費を食っているはずだ。



21030404.JPG


航空会社カウンターの側面、
おおきな設備ガラリ(そのまま建具として開くようだ)と
上方にある、おそらく吹出口、
そして消火栓ボックスの類。



住宅や、ちょっとしたオフィスとは比較にならない
大容量の「何か」が入っているはずだ。



出発ゲートのフロアも
もうじき発つ機のゲート周辺以外には
およそ人が居ない。


21030405.JPG


コンセント付きのソファは使い放題だが
一人で何個も座ることはできない。

ガラス面下部に並ぶ吹出口から
どの程度給気しているのかわからないけれど
ひょっとすると間欠運転などでしのいでいるのかもしれないけれど
とにかく維持費はバカにならないだろう。


花も綺麗に飾られているが……
目にする人の数が、とにかく少なかろう。

手入れに要する人件費は変わらないのに。



インフラ、物販、物流、交通、ゴミ収集、医療など
社会維持のために必須である職業を
エッセンシャルワーカーと呼ぶのだ、と
コロナ下にあって初めて耳にした。


世界的艱難にあって、意識されるようになったのである。



「せつび」は
建物における「エッセンシャルワーカー」なのだ。
施設維持のためには、最低限、動かざるを得ない
そんな領域なのである。


こんな中で、
やむなく休業しているホテルや施設や店舗も数多くある。


しかし、再開する際には
「せつび」に関して、注意が必要だ。


長期間動かしていなかった、
冷暖房、換気、給排水、電気、防災などが
ただスイッチ(やブレーカー)をオンにするだけで
問題なく使用できると思わないことだ。


動かす前に、
たとえば各所の衛生器具のトラップに注水するとか
受水槽や高架水槽は清掃し直すとか、
フィルターがカビていないか確認するとか
センサーやフロートなどで動くはずの機器類へ
正常に信号が送られるかどうかとか、
建物全体の設備システムを理解している人による
事前確認が必要なのだ。



けれども。



蒸気ボイラを置いてあるために
常駐の設備要員が居たような昔とは異なり、
機器ごとに別のメーカーがその部分だけ管理して
済ませるようになってしまっていることが多い現代。


「建物全体の設備システムを理解している人」
なんて、存在しなくなっている。



だから、
再開した後にはトラブル続出で、
そのたびに設備屋さん電気屋さんが
緊急の呼び出しを受けて、
ゼロから原因究明を始めて、
事後対応に追われることになるのだろう。



もしくは、クラスターが発生して初めて、
封水切れの排水系からウイルス拡散が生じていることが
判明したり、

謎の体調不良者続出によって
ホコリや菌類が繁殖したダクト系統であることが
認識されたり、

そんな諸々が、
全国でポツリ、ポツリと報道されるようになるのかもしれない。



世の中の「せつび」の
放ったらかしの程度が
顕になる機会になるのかも、しれない。
(「人は居なくとも設備ははたらく」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(4) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

開けようがない……

調査に行って、困ることの一つ。


排水桝を開けてみたいんだけれども、
開けようがないこと。



排水をそれに繋ぎたいから
状況を確認したいのに
確認できない。


蓋が開かない。


そういう時。



鉄蓋が錆びついていて、
完全に枠と一体化した感じで開かないときは
フチの土や砂を丁寧に除去してみたり
ハンマーで叩いて振動を与えてみたり
マイナスドライバーやバールなんかを駆使してみたり
いろいろ苦心すると開けられることもある。

まあそれでも駄目なこともあるけれど。


イザとなれば
特殊器具を使って無理やり開けることも
不可能ではない。

持ってないけど。



コンクリート蓋の場合には、
もはやどうにもならなかったりする。


21030201.JPG


二つ割の蓋だけれど
重たい車両でも乗ったのだろう、
割れてしまっている。


重たいし、でも強度は無いし、
無理やり開けたらもうアカンくなるヤツや。



こういう時には、諦めるしかない。



図面通りであることを願って、
蓋の交換も含めた図面を描くことにする。

もしくは、桝ごと交換するか。



予算が無い場合には……。


もう、ほんとうにどうにもならないのです。

先立つモノが無いんじゃ、
仕方ないんです。
(「開けようがない……」おわり)
posted by けろ at 17:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

何のタンク?

トイレで見かけたのだけれど、
なにかのタンクが壁上方についていたのだ。



なんとなく、開放式の膨張タンクっぽく見えるのだけれど
さて、何だろう?



21030101.JPG



ゲージに見える水色の液体が
不凍液なのかな、とも思わせる。


ひょっとすると、
温水ロードヒーティング用の
膨張タンクかもしれない。



正解は……


通りがかりで、ちょこっと見ただけじゃ
わかりませんねぇ。
(「何のタンク?」おわり)
posted by けろ at 13:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする