2021年02月11日

科学未来館の造り

「未来館」という名称だけれど、
開館してから今年7月で20周年になるそうだ。



21世紀のはじめに開館し、
「20年前の未来感」を一所懸命に表現した建物、
と言えるのではないだろうか。


21021101.JPG



スペースシャトルに搭乗する初の日本人宇宙飛行士となった
毛利衛氏が開館以来館長を勤めてこられたが、
この3月末で退任されると 発表 されている。



当然、建築技術としても当時の最先端を駆使しているのだろう。


21021102.JPG


国立科学博物館の、
古いどっしりとした建物とは
対極をなす存在である。


もっとも、設備的には
古い時代の建物こそ、何度も改修を繰り返されていて
内容としては決して見劣りするものではないのだが。



吹き抜け部分の上部。


21021103.JPG


内装と、設備との調整が行われている。



1階シンボルゾーンの天井面は
後からの設備改修もやりやすそう。


21021104.JPG



設備的なフレキシビリティー、
改修のし易さというのは、
この類の施設には特に必要なんだと思うのだ。



外にあった、碑。


21021105.JPG


スペースシャトル石像と
毛利氏直筆を掘った石板。


200年もすると、
史跡巡りを趣味とする人たちが
こぞって訪れる先の一つになるだろうか。
(「科学未来館の造り」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする