2020年05月27日

電柱が無いから

通りによっては、
電柱が無いところがある。

電気や電話は、いったいどこから引き込むの?



電柱だったら、誰が見たってどこにあるかわかるから
いいんだけれど。



歩道も含めてキレイに整備したい道……なんかがあると
電柱も全部撤去されてしまって、
電気はもらえなくなってしまう、わけがない。



そんな道路沿いには、
こんなモノがところどころに立っているはずだ。


20052701.JPG


他ならば電柱の上に乗っかっているトランスなんかが
この箱に納まっている。



そう。


電柱を無くした分の、電気や電話のケーブルは
地中に移されただけなのである。



だから、大丈夫、電力も電話線も、確保できるのだ。
(固定電話無し、というところも増えてきただろうけど)



でもこういう所の歩道は
インターロッキング舗装なんかでキレイになっているし
人通りも比較的多めだったりするから
掘削して引き込むのは少々手間だったりする。



景観上も、災害に対する耐性も、改修やケーブルの引き換えも
やりやすいのだけれど、
いい事ずくめ、というわけにもいかないのだ。
(「電柱が無いから」おわり)
posted by けろ at 23:41| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする