2020年04月14日

三浦綾子記念文学館

旭川市の外れ。


「見本林」という場所がある。



『旭川市外国樹種見本林』というのが正式な名称で
明治31年に植栽されたのだという。


20041401.JPG


多くの外国樹種が植えられ、今は立派に聳えているのだが
近くを流れる美瑛川とともに自然豊かな散策場所として
親しまれている、という。


その一角に、三浦綾子記念文学館 が建っている。



20041402.JPG


あまり三浦氏のことを知らなくても、
『氷点』という作品名は、
どこかしらで耳にしたことがあるかもしれない。

何度も何度も、
ドラマ化、映画化されてきた。

時代を超えて普遍的な、愛憎劇である。
そして「人間」を、深く抉る。



三浦氏は、若い頃教員として過ごし、
敗戦を迎え、社会の価値観の大転換に面食らい、
そして結核を患い……と、波乱の半生を歩んだ。


40歳を過ぎてから懸賞小説に応募して後、
作家としての歩みを始める。


そんな、氏の足跡が展示されている場所なのである。



20041403.JPG



この類の箱物は、地元自治体によって整備されたり
するものであるが、
ここは民営の施設である。


20041404.JPG



北国の情景に馴染む、
洒落た造りである。



20041405.JPG



「文学館」とは、何を展示するのか……。



博物館にも書の展示があったりするが、
文学館は「文」がモノを言う。

そんな、展示。



20041406.JPG


氏が遺した数々の作品中から、
さまざまな文が並べられている。


20041407.JPG



令和の時代からみると、
少々古めかしい文体と感じる向きもあるかもしれないが
「重み」のある作中のセリフが、妙にしっくりと来る。


20041408.JPG


展示室を仕切る暖簾にも、
作中の言葉。



小ぢんまりとした建物の2階から
ホールを見下ろす。


20041409.JPG



星、雪、といったモチーフが
基本デザインとなっているようである。



吹き抜けの上部は、
明かり窓である。


20041410.JPG


吹出口のノズルや
間接照明という部分に
「せつび」を感じるだろうか。



たびたび展示替えをしているようである。


20041411.JPG



階段踊り場の窓から
見本林が見える。


20041412.JPG



天井に並ぶ、「せつび」の数々。



20041413.JPG


結構にぎやかではあるが、
展示の邪魔をしている感はない。


設計の段階で、
また現場の途中で、
建設に関わった方々の苦労が
いろいろとあったのであろう。



だいぶ前の、日本。

それでも、明治や大正ではなくて
昭和の時代の日本。

そのあたりを体感するのに
良い施設ではないだろうか。



「郷土資料館」的なところだと、
一気に江戸時代くらいまで遡ってしまうから。



旭川といえば、旭山動物園 かもしれないけれど
こんな文学館も訪ねてみてはいかがであろうか。
(「三浦綾子記念文学館」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする