2020年03月11日

件の豊洲市場

いろいろと揉めた、あの豊洲市場である。


とにもかくにも、オープンして今に至っている。


設計は、日建設計さんだっただろうか。


20031101.JPG


ペデストリアンデッキ、なのだろうか。
高い位置からアクセスできるようになっている。



煙突が、凛々しい。


下を見ると、「せつび」モノが一杯だ。


20031102.JPG


この画像に、いくつの「せつび」が見えるだろうか?


普通の人は、
いや、建築に関わる人たちでも「せつび」以外の人は
網膜には映るのだけれども、情報として意識に取り込まれないのだという。

まあ、さもありなん。



でも、がんばって、意識して見てみて欲しいのです。

そこにちゃんと存在しているよ、ってことを。

しかも、装飾じゃなくって、実際に働いているんだよ、ってことを。



ちょっとメシがてら、水産棟へ。


20031103.JPG


と、通路脇には楽しい景色があるじゃぁないか。


20031104.JPG



空調機とダクトが整然と並ぶ、スペース。


金網で仕切られているから、あんまり向こうの様子は目立たない。


20031105.JPG


敢えて近寄って、「観るぞ」っていう気持ちを持たなければ
決して知ることのないであろう、その様態。



でも、あんまりじっくり見ていると
通行人にはただの不審者にしか見えなかろう。

「ちょっと気づいた」体を装って、すぐに離れるしかないのだ。



通路に、こんなターレが置いてあって、
「絶対に乗らないで下さい」って貼ってある。


20031106.JPG

うっかり乗っちゃいそうだよね?


いや、乗らないけどさ。



屋上に上がってみる。


20031107.JPG


遊歩道的な?



建物が長いだけに、
ずうっと回ったら、結構な距離になろう。

いや、行かないけどさ。



建屋の外装。


20031108.JPG


近年見かける外装。

いわゆる「流行り」だよね?



いや、こういうの、ワタクシは好きなんですよ。

だけど、流行りの外装ってどうなの? って思うんですよね。


十数年経ったら、いかにも古臭そうに見えてしまいそうで。


まあ、百年経ったら歴史的建造物に見えるだろうから、いいのかな。

って、こんな鋼材が、こんな海辺で百年はもたないかな。



屋上面の、エクスパンションジョイント部。


20031109.JPG


こういうモノがあると、
必ず乗ってみたくなる奴がいるんだろう。

だから、立入禁止と書いてある。

いや、乗らないよ!?



ここで吸収する変位量は、どのくらいかな。


20031110.JPG


配管が、跨いでいるんだね。



屋上緑化スペースもあって。


20031111.JPG


手入れ、するのかな。

しないと、収集つかなくなるかな。


林立するアンテナ、
外壁を這うダクトや配管、
そういったモノたちを目立たなくさせる効果が
この外装にはあるのだろう。


20031112.JPG


別に、必要とされてついているんだから
目立ったっていいじゃん、ってワタクシは思うけれども
普通の人はそうは思わないに違いない。

設備を「みっともないモノ」という意識で見る方も
少なくないんだろう。



実は、結構人通りがある。


20031113.JPG


その切れ目を縫って撮っているだけなのである。



道路を挟んで向かい側にある棟も、
似たような外観に仕上げてある。


20031114.JPG


でもむしろ、
外壁に貼り付いている配管類が
コンクリート面と窓面とで色分けしてあるのが
楽しかったりするんだ。


20031115.JPG



移転前に問題にされていた数々は、
果たして実際の所どうなっているんだろう。


結構、人間は慣れてしまうものである。



でも。



まあ、今日という日付だからこそだけれど、
慣れちゃいけない、
忘れちゃいけない事も
あるんだな。
(「件の豊洲市場」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

室外機が狭苦しい

エアコンの室外機が並んでいるなぁ。


20031001.JPG



まあ、このくらい広々とついてれば、
問題はあるまいて。

全面ガードで覆われているけれど、
強度はそんなになさそうにも見えるけど。



ところが、2階を見ると……


20031002.JPG

狭っ!

ビタビタやん。


避難バルコニーじゃないから、構わないって?



20031003.JPG


それにしたって、狭すぎないかな?



それから、足元が。


20031004.JPG


電線管を、インシュロックで留めてるって
どうなん?



一応、紫外線遮蔽剤(カーボンブラック)添加の
耐候性のある製品のようだけれども
あんまりこういう場所で使うようなものじゃないよねぇ。


もちょっと、ちゃんと支持して欲しいものだ。



ああ、それにしても狭い。
(「室外機が狭苦しい」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

ここにもミニドルゴ

洗面化粧台の下部の扉を開けると……。


20030901.JPG


おお、モノがギッシリ詰まっていない!

というか、空っぽだ。すごい。



そして、排水管に「ミニドルゴ」が付いてるじゃないか。



うん、なかなか良いね!



給水・給湯管は、
下からでも裏からでもなくて
横から出てきてる。


この収めも、なかなか大変だったんだろうなぁ。
(「ここにもミニドルゴ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

狭い狭い機械設置スペース

ある室の隅っこに、
ちょっとした物入れのようなスペース。


20030801.JPG


「ちょっとした物入れ」どころか……


20030802.JPG


灯油を汲み上げるオイルサーバーと給湯機と
洗濯機まで置かれている



だけじゃなくって。



20030803.JPG



給湯機は2台ついていて、



20030804.JPG


もう、狭くって全体像が写せないのだけれど
膨張タンクも並べてあって、



20030805.JPG



更には、床置の温水暖房機まで置いてあって、
温水床暖房用のヘッダーが壁に張り付いている。


なんと、狭いスペースだこと!!



よくぞ、収めたものだ!!

これを造った設備屋さんの苦労が思いやられる。



点検や交換自体は、
建具を全部取り外してしまえば全部丸裸になるから
まあ、大丈夫かな。



うん。

よくぞ、収めたものだ。

凄すぎ。
(「狭い狭い機械設置スペース」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

イマドキの小便器

衛生器具は、時代とともに変わる。


古っるい田舎の公共施設なんかに行くと
すっごく昭和を感じる便器がついていたりなんかするけれど。


でも最近の陶器類は、
えらくスタイリッシュだ。



新設するやつは、
こんなの。


20030701.JPG


今見るから、
なんかすごくシュッとして
イマドキに見えるんだけれど。

さて、15年くら経ったら、
すんごく古臭〜く感じられるんだろうか。



トラップにインシュロックがつけてあった。

掃除する時には、
あると便利なんだよね。
(「イマドキの小便器」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

屋上に置かれたガスヒートポンプの室外機

屋上に並ぶ、ガスヒートポンプエアコンの室外機。


20030601.JPG


なぜ、電気によるヒートポンプじゃなくってガスだとわかるのかって?

そりゃ、ガス管がつながっているからに決まっているのだ。


冷媒管を通す「スリムダクト(これは商品名だが、一般名詞化している)」とともに、
ガスの配管が敷設され、閉止用のガスコックや、機器接続部のフレキ管が見えるのだ。


電気によるエアコンは、モーターでコンプレッサーを回して
ヒートポンプをおこなって冷暖房しているのだけれど、

ガスヒートポンプエアコンでは、ガスエンジンでコンプレッサーを回している。

その違いなのだ。



電気、ガスに比べるとシェアは少なかったけれど、
灯油エンジンによるエアコン も存在した。


自動車のエアコンは、ガソリンエンジン駆動である。


とにかく、コンプレッサーを回すことができれば冷暖房が可能となる。



「どーして、ガスで冷房が出来るのサ?」

「ガス燃やしたら、熱くなるじゃん。冷えないじゃん」



ガスの燃焼は、熱を取るためじゃなくって、
コンプレッサーを動かすために使われるのだ。



もちょっと、的確に、それでいて容易に、
誰に対しても説明できたらいいんだけど。

ワタクシにはその能力(つまり、自らの理解力)はない。



さて、冷媒管、電源(制御も)ケーブル、ガス管のセットが
室外機につながっているということは、
建物外壁(または屋根)のどこかを貫通してきている、
ということでもある。


20030602.JPG


おお、ここだ。



壁に孔をあけて通しているのだから、
あんまりテキトーな施工だと、そこから雨水が入ってきてしまう。


そうならないように、いろいろガンバッテある。



20030603.JPG



けど、年月とともに
その頑張りは徐々にその効果を失ってきているようである。


時々、劣化状況を観察(そして、記録)しておくと
良いのだけれどね。

なかなか、そんなところまで気が回らないし、
たとい結構な劣化を見つけたとしても
「先立つモノ」の制約があったりなんかするんだな。
(「屋上に置かれたガスヒートポンプの室外機」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

水辺の建物と船舶たち

とある水辺で。



がんばった壁面緑化にお目にかかった。


20030501.JPG


倉庫か何かであろうか。

設備機器置き場を軸に、緑化を図っている。



歩道に目を落とすと、
インターロッキングブロックはめ込み形の
マンホール蓋。


20030502.JPG


でもこれは、公共下水用のものではなくて、
コンクリート共同溝ボックス内点検用のもの。



20030503.JPG


これも、小口径桝の蓋っぽいけれども
公共基準点用の蓋なのであった。



この水辺から、少し先にはレインボーブリッジが見える。


20030504.JPG


東京湾は、陸上だけではなくて海上も結構混み合っているようだ。


20030505.JPG



クレーン台船も出動して、何かをやっている。


20030506.JPG

設備工事じゃ、なさそうだけど。



屋形船なんかが居るのが、なんとなく東京っぽい。


20030507.JPG

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が騒がれる中、
この手の「クラスター発生源」は、避けられる傾向にあるとか。

営業者としては、とんだ災難であろう。



設備工事に関わっていると、
コトがどんどん細かくなっていく。

たまに、もちょっと大きなモノ・コトに目を向けないと
いろんな事が行き詰まってきてしまうかのようだ。



だから、本業設備屋なんだけれども
建築や土木や、
自然や宇宙や、
そっちのほうにも目を向けてみたりする。


一点集中で出来るタイプの人もいるし、
そうではないタイプも居る。


そんな個性の違いと割り切って、
今日も生活するのである。
(「水辺の建物と船舶たち」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

天井の中で壁を貫通している

天井の中にも、
壁があったりする。


「天井内には壁なんかなくったって構わないだろ?」


そう思う人がいるかもしれない。



天井よりも下の部分だけに壁がある、
そういう間仕切りもあるのだけれど
壁が有る間仕切りも、存在するのである。



なぜ?



たとえば、防火。



ある部屋で火事が起こっても、
上部のコンクリートスラブまで
天井内にもしっかりと耐火の壁があれば
隣の部屋には延焼しなくて済む。

そういう「防火区画」を形成するために
天井内までも壁を造るのだ。



ある場所で点検口をあけてみると、
確かに壁がある。


20030401.JPG


ブロックを積み上げて造った壁である。



この壁を、ダクトが貫通している部分には
見づらいけれど「防火ダンパー」が設置されている。



せっかくの防火用の壁なのだけれど、
貫通しているダクトの孔を通じて火事が広がるかもしれない。

それを防ぐため、温度ヒューズ付のダンパーが設けられていて、
一定温度以上になるとダクト内部で閉鎖されるようになっているのだ。



防火ダンパーは、fire damper から、図面上FDと表示される。
なぜか「エフ・デー」と呼び慣わされる。

「D]を「デー」というのは、相当昔の習慣なのだと思うのだが。


もちろん、「エフ・ディー」と発音する人もいるのだけれど
まだまだ多数はではないような気がする。



ダクトだけではない。

配管だって貫通させる必要がある。


20030402.JPG



金属製の配管(たとえば配管用炭素鋼鋼管)ならば、
貫通部分の配管と壁との隙間をモルタルなどで埋めておけば
それで済む。

火炎が配管の中を延々と伝っていくことはないのだから。



ケーブルの場合、被覆材が燃えてそれが伝わるのを避けるため、
貫通部分の前後1mは金属電線管に通すことになっている。



上が屋根で、右が外壁である部分の天井点検口を
開けてみた。


20030403.JPG


ファンが吊ってある。

ダクトには風量調節ダンパーが接続されている。

これは、volume damper から、VD(ブイ・デー)と呼ばれる。

「ヴィー・ディー」と発音するのは今のところ聞いたことがない。



「あさひの『あ』」「いろはの『い』」というように、
ただ普通に読むだけじゃ伝わりにくい場合に、
特殊な言い方をするものである。

その類の「伝達方法」の一種じゃないかと思うのだ。



「エフ・デー」

「ブイ・デー」

「エム・デー」(MD:電動ダンパー)

のように呼ぶことで、聞き間違いをなくそうという意識が
かつてはあったのだろう。



CD(チャッキダンパー)については
「シー・デー」でも良さそうなものだけれど
あんまり聞かない。

「シー・ディー」というと、音楽盤のように聞こえる。
(ほんとはこれも「スィー・ディー」であろう)

だからなのか、「チャッキ」と聞くことが多いように思う。



屋根と外壁とに接しているため、
機器やダクト用の「吊り棒」にも
断熱材が吹き付けてある。

ここから結露して天井にシミがつくのを防ぐ効果がある。




とにかく。

天井の中を覗くのは、なぜか楽しい。
いやいや、無闇矢鱈に開けて覗いて回っている変態なのではない。
ちゃんと、調査目的で、必要性があって、開けているのである。

が、調査ついでに、ちょこっとだけ、観察しているだけなのである。

そこんとこ、誤解なきよう。



天井の中にまで壁がある理由について、
「防火」しか言及していないじゃないか。



まあそれが一番の目的(というか、法律の要請)なのだが、
「防犯」としても意味がある。


マンションやホテルで、
天井点検口を通って、天井づたいに隣の室へ……
なんていうことがあったら困るのだ。

事務所ビルで、隣のテナントと天井内ツーツーだと
困るのだ。


逆に言えば、そういう必要性の無い室であれば
天井内には壁がなくて、
天井点検口から天井内に潜り込めば
隣の室に入れてしまうということもある。

貴重品や機密事項などを扱う室の場合には
そのあたりも気をつけなければならないのだ。
(「天井の中で壁を貫通している」おわり)
posted by けろ at 10:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

でも雪が積もる

梅前線が北上中であるが、
日本は南北に長い列島であって
その南と北とでは大きな開きが生じるのである。


北国では、まだまだ雪が降る時期である。



20030301.JPG


電気モノの上にだって、
容赦なく積もる。



屋外階段に、屋根をかけてやらなければならない理由は
一目瞭然だ。


20030302.JPG


雨樋が、壊れそうになっているのがわかるだろうか。



気中開閉器にも、信号機にも、
漏れなく積もる。


20030303.JPG



柱上トランスにも、積もる。


20030304.JPG



積もったものは、
春までそのまま乗っかっているわけではない。



日射により、あるいは気温の上昇により溶けかけて
ドシャっと落ちてくる。



あんまり上を記にせずに歩いていると
(いや、こんな上なんか気にして歩くことはあんまりなかろう)
ごくたまにではあるが、直撃を食らうことも無いではない。



ふと上を見た瞬間に
強制目薬を食らうことだってあり得る。
(実際、食らった奴が居た)



ハトやカラスの糞を食らうよりは
(これも実際、食らったことがある)
マシと思うべきかどうか。



暦の上では、
もう完全に春なのであるが。



絶賛梅見日和の地も、
日に日に拡大しているのであるが。
(「でも雪が積もる」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

梅!

梅前線が、北上中だ。



20030201.JPG



桜ほどの人気ではないにせよ、
毎年気になる、可憐な花である。



20030202.JPG



昨年末に発表された 開花予想 とともに、
各気象官署で開花が観測された様子が、
逐次公表 されていく。

URLが「sakura」となっているけれど、
やはり我が国では桜こそがメインなのである。



20030203.JPG



こんな感じ で地図上に描かれると、わかりやすい、かな。



COVID-19(通称:新型コロナウイルス感染症)が拡大し、
全国的に何か停滞感がある(実際に、繁華街の人通りが
激減している感がある)けれど、
「春の花」は人心を和ませる効果があるんじゃなかろうか。



COVID-19に関して、
マスクが高額転売されるとかトイレットペーパーが品切れになるとか
怪しい予防情報が飛び交うとか、情けない状況が引き起こされているが、
データソースが明らかなものとそうでないものとの峻別は必要である。

テレビのリポーターのやたらとテンションの高い、
ホントだかウソだか、
デマを沈静化させたいのか煽りたいのかわからないような
そんな「雰囲気」に左右されないようにしたい。



今回の感染症に関して、
感染力、重症になる率、死亡率、罹患者の特徴など、
例年のインフルエンザと比べてどうなのか、
どのくらい「恐れる」必要があるのか、
イマイチ確たる情報が届いていないような気もする。



COVID-19 だけに注目されている陰で、
インフルエンザの感染者数や死亡者数はどうなのか、
そっちも考える必要があるんじゃないだろうか。



インフルエンザは、今のところ昨年や一昨年に比べると、
かなり少なめに推移している ようだ。

新型コロナ対策が功を奏して、
インフルエンザの感染拡大をも予防していたのだ、
というような研究結果が、後に出るのかもしれない。



国立感染症研究所のページ を覗いてみると、
感染症にはホントにいろいろ有るもんだと
喫驚せざるを得なかったりする。



まあ、人混みは避けるにしても、
梅でも愛でて、気分転換を図るのもよかろうて。


20030204.JPG

(「梅!」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

天カセロスナイの中身

全熱交換ユニット

……国土交通省による一般名詞では、そう呼ばれる。


けれども、ちょっと古い人にはたいていこう呼ばれる。

『ロスナイ』



三菱電機による全熱交換ユニットは商品名を『ロスナイ』という。



熱交換することによって、エネルギーの『ロス』が『無い』から
『ロスナイ』なのである。

(全然『無い』わけじゃなくて、『減らせる』だけなのだが)



他、いろいろなメーカーで、
『ロスノン』とか『ロスフリー』とか
いろんな商品名を作り出したが、
先行メーカーの商品名が一般名詞化するという
通常の現象が起きたまででのことだ。



そして、商品名を一般名詞として使えない役所が
新たな一般名詞を創造したという、やはり通常の現象により
公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編) には
『全熱交換ユニット』として記載されるようになっている。



壁掛形、床置形、天吊形、天埋形など
いろんな形式が存在する。



とある現場についていたのは、
天井カセット形。


20030101.JPG


の、天井パネルを取り付ける前の状態。



今どきは、樹脂部材が多くなって
金属部分がかなり少ない。


だから、かなり軽い。



まあ、天井吊りになっているモノは
軽いに越したことはない。



パネルがついちゃうと、
こんな中身は見えなくなる。



普段見えないけれど、
こっそりとはたらく。


それが、「せつび」なのだ。



そういうのを設計する人がいて、
そういうのを施工する人がいて、
そうやって、建物が機能しているのである。
(「天カセロスナイの中身」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする