2014年10月18日

試験のための学習方法2

前回は、『掛け算』を題材に、試験のための学習方法について一例を書いてみました。

今回は、同じ『掛け算』に取り組むにしても違うアプローチがあるのではないか、ということを書いてみます。

/つづき
posted by けろ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする