2020年09月20日

露出ダクトは内装だ

配管とかダクトとか放熱器とか、
邪魔だ、邪魔だ。


「設備」なんて、隠すもんだ。


そんなミットモナイものを
人さまに見せるもんじゃない。



そんなふうに思っている人は
実はそんなに多くないんじゃないだろうか。



意匠デザインに強いこだわりを持つ巨匠デザイナーでもない限り
「なんとなくの雰囲気」以上に内装を気にしている人は
決して多くないんじゃないだろうか。



勝手な、思い込みだけれど。



床面積の大きな店舗などでは、
天井仕上げ材の節約も兼ねて
設備類が露出になっているところだってあるけれど
利用客からそんなに気にされているふうもない(気がする)。



どうだろうか?



先日たまたま入った店舗でも
配管やダクトは露出だった。


20092001.JPG


それどころか、カラフルに塗装されていた。



黄色いダクト、青い配管、赤いケーブルラック。



グリーンやピンクが加われば、戦隊モノだ。



でもだからといって、誰も気に留めるでもなく
有っても無くても気づかない程度の存在感であるような。



天井仕上げが石膏ボードだろうが岩綿吸音板だろうがクロスだろうが
塗装だろうがあんまり気にしないように、
ダクトや配管がこのようであっても、気にならないのだ。



だから、言おう。


露出ダクトは、内装だ。

配管も、ケーブルも、内装だ。



ただし、天井仕上材が貼られていないがために
ダクトや配管も「キレイに」仕上げなくちゃならない。

天井内に隠蔽されるなら、
多少ぐちゃぐちゃな見てくれでも構わないけれど
露出、しかもカラフル塗装だと
そうもいかない。


「内装」としての体裁を整える必要がある。


ポンピドー・センターみたいなやつなら、外装として。



じゃ、どこまで「キレイ」であればよいのか?

どの程度まで「ぐちゃぐちゃ感」が許されるか?
あんまり気にされずに済むか?



ちょっと興味があるが、
だからといって試してみる勇気も機会もない。



自分がオーナーで店舗を建築するのでも無い限り
あんまりカドの立つ実験はできないのである。


う〜ん、誰か、やってみません?

お金持ちの誰か!
(「露出ダクトは内装だ」おわり)
posted by けろ at 12:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

玄関先のパネルヒーター

玄関に、それはそれは大きな大きな
温水パネルヒーター。


天井内に敷設された温水の往き管と還り管が
天井から生えてきている。


20091901.JPG


この地は、そのくらい寒いんだろうか。

なら、正面はガラスじゃなくって
断熱材がしっかり入った躯体壁にしたら良かったのでは?


でもでもそうすると、玄関が暗くなっちゃうじゃない。

エントランスの開放感も薄れてしまうし。



天井にファンコンベクターを埋込みで設けたら、どう?



それだと本体天吊で、ダクトと制気口とスイッチをつけて
コストもその分高めになるじゃん?



暖房用に温水回すんだったら、
パネルヒーターが一番でしょ!



そういう経緯があったか、無かったか。



このくらい大きいと、
放熱器というよりも温かい壁という感じになるだろうか。



どこを、どのように暖房(冷房)するか、
古くて新しくて完璧な解答はない
奥深い問いだったりするのだ!
(「玄関先のパネルヒーター」おわり)
posted by けろ at 17:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

与島パーキングエリアのハンドホール蓋

瀬戸中央自動車道(E30)の途中に
与島(よしま)PA が設けられている。



20091801.JPG


自動車道から訪れて、来た方向に戻っていくことができる、
観光スポットでもある。



当たり前のように、うどん店もある。



ここは、市や県の管轄ではないので
PA内にあったハンドホールの蓋には
市章や県章はついていない。


20091802.JPG


つり橋、だよね?


本州四国連絡橋公団のマークのようだ。



通信のハンドホール蓋も……


20091803.JPG


排水桝蓋も、きっとあるんだろうけれど
ちょろっと歩いた範囲には無かったなぁ。


何せ、暑くて暑くて
とてもじゃないけど、探し回って歩く気分じゃなかったんだ。



「探しときゃ良かった」



あとになったら、そう思えちゃうんだけど。
(「与島パーキングエリアのハンドホール蓋」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

瀬戸大橋記念館

瀬戸大橋記念公園の一角に、
瀬戸大橋記念館が建てられている。


20091701.JPG


ギリシャ神殿風のどっしりとしたファザードなのだが
間近にある橋が巨大ゆえ、むしろ小ぢんまりした感がある。


20091702.JPG


後ろに生えているのは、 瀬戸大橋タワー である。

地上108mまで、展望塔がぐるぐる回りながら上昇していく。

大人800円であるから、
都内各所の各施設に比べると、だいぶ安価に思えてくる。



記念館に入るとすぐ、「20世紀遺産」であることが
ガッツリとアピールされている。


20091703.JPG


記念館本体もそうだが、
中の展示物にもかなりカネをかけてある感じである。


20091704.JPG


この立体地図、作るのに幾らかかったんだろう?



まあでも、橋本体の建設費に比べたら
ほんのオマケ程度の費用、だったんだろう。



児島・坂出ルート全線の模型もあって
これがまた結構大きい。


20091705.JPG



瀬戸大橋が1988年に開通してから30年以上経つのであるが
展示物の維持、記念館自体の維持には結構カネがかかっているはずだが
入館無料だ。



屋上から、瀬戸内を望むことができる。


20091706.JPG


小島がたくさん浮かぶ海。


海上の交通量も、かなりある。



館内、「せつび」にも目を向ける。


20091707.JPG


照明器具は、たぶん取り替えられているに違いない。



ダクトや配管は、
当初建築のままかもしれない。


20091708.JPG


これくらい簡易な天井仕上げだと、
せつび関係がよく見えて良い。


20091709.JPG


よく見えるかわりに、
見映え良く仕上げなくちゃならないから
作る人たちは手間が増えて大変なのだけれど。



でも、天井裏に隠されてしまって日の目を見ないのも
どうかと思うんだ。


こういう、見える施設があっても、いいと思うんだ。


だって、確かに存在していて、働いていて、
役に立っているんだから。


ね。



この公園は、香川県が管理運営(実際には委託管理だろうけれど)しているようだ。


というのも、マンホールの蓋が、県章付きだから。


20091710.JPG


カタカナの「カ」 だよね、見るからに。

うどん、じゃないんだね。

って、県HPのトップは
県章じゃなくて うどんの図案 だけれど……。




うどん県だから、しゃーないか。
(「瀬戸大橋記念館」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

瀬戸大橋という巨大構造物

普段建築物に関わっていると、
それはそれで十分大きなものと感じているのだけれど、
そりゃ、人間の尺度から言って大きいに決まっているのだけれど、
それでも土木構造物には全く及ばないことが多くって。



かつて、日本国が経済的にとても元気だった時代、
何でもかんでも右肩上がりで、いろんな狂騒に明け暮れていた頃、
本四架橋という巨大プロジェクトが敢行された。



その一つ、「児島・坂出ルート」のメイン構造物である、
瀬戸大橋。


20091601.JPG


四国側、坂出市側の橋のふもとには
瀬戸大橋記念公園が設けられている。


瀬戸大橋を、眼前に見ることができるスポットである。



20091602.JPG



コスモ石油や、坂出LNGのタンクも多数見える場所。


20091603.JPG



常に海風にに晒され続けている鋼製構造物ゆえ
メンテナンスも常に行われているのだろうか。



この日も、足場がかかっていた。

えらく高所での作業になろう。



手前に公園、向こうに工業地帯、という配置である。


20091604.JPG



鉄骨の1つ1つが、やたらとでかい。

長大橋という観点からすると、普通なのかもしれないけれど
普段建築の鉄骨しか目にしない者にとっては、
このトラスは超スケールである。


20091605.JPG


よく見ると、鉄道が走行中であるのに気づくだろう。


下に鉄道、上に高速道路、という2階建て構造なのである。



あの足場、最初に組む人の怖さと言ったら……。

って、プロなんだから慣れっこなのかな?


20091606.JPG


って、慣れることなど、できるのかな。

道路面の最高地点では、海面から100m弱の高さになるそうだけれど。

大型タンカーや大型客船が下部を通過できるように、
橋は高く高く造る必要があったのだ。



公園敷地は、このような配置である。


20091607.JPG


広々とした3ヶ所の駐車場のほか、記念館、タワー、回廊、広場、遊具などが
配置されている。



北東角の「架橋機器展示広場」には、工事に使われた様々な機器類が
残されている。


20091608.JPG


右側のは、海上で施工範囲を示すブイである。



その他、古ぼけた解説板とともに、実物展示が結構ある。


20091609.JPG



建築の仮設計画図は、
ここまでの広範囲にはならない。


20091610.JPG


写真は、だいぶ傷んできていた。



20091611.JPG


何だったっけ、これ?



瀬戸内海を背景にステージが設けられた、
マリンドーム。


20091612.JPG


すごい舞台だ!



この瀬戸大橋、列車で渡るとこんな感じである。


20091613.JPG


ブレブレでごめんなさい。



航空機を利用すると、航路によっては上空から全体を見ることもできる。


20091614.JPG


ルートの真ん中にある『与島』には、
パーキングエリアが設けられている。



この高度からでは、ほとんどの建築設備は
その存在を認めることが難しい。


某ゼネコンが、
「地図に残る仕事」 というキャッチフレーズを使用しているが、
こうして上空から見ると実感する。



「建築設備」は、地図どころか、そもそも表に見えてこない。
人々の視線からは隠された存在なのだ。
だから、誰の心にも残らない、そんな仕事。


でもね、でもね、
そこままた、イイんだよねぇ。

そこが、「せつび」の醍醐味ってもんだ。


そう、思わないかな?
(「瀬戸大橋という巨大構造物」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

下水道がやられた時のために

地震災害などで、
公共下水道網が寸断されてしまい
建物の排水を流すことが出来なくなることがある。



水道管網が生きていたとしても
排水が流せない、というのは非常に困る。



災害対策本部が置かれる役場庁舎とか
生命の危機が生じる病院とか
なんとかして機能を維持しなければならない建物も
少なからずあるのだ。



そういう建物では、
公共下水道が復旧するまでの間、
建物のピット内に汚水を一時的に貯留しておけるように
対策をしているところもある。



具体的には、建物各所から出てきた排水を、
公共下水道に流すのではなくて
流路を切り替えて建物ピット内に戻すための
切替桝」 のようなものを設置する。



20091501.JPG



普段は、普通に下水に流すだけのインバート桝である。


20091502.JPG


左から右へ、ただ排水が流れるだけなのだ。



けれどもイザ事が起こった場合、
中の部分(インバートプラグ)を持ち上げて、90°回転させて置く。



こんな深い場所には手が届かないから、
穴に引っ掛けて引っ張り出せるような
フックのついた棒を用意しておくわけであるが。



こうなる。


20091503.JPG



左から来た排水は、右に行かずに下に落ちる。


下部に配管をつないでおいて、
緊急時排水槽まで配管しておけば
イザという時に役立つのである。



飽くまで、緊急時用。

だから、全然使用されないのが望ましい。



けれども、緊急時に使用できない状態になっていたら意味がないから、
たまに操作試験を(訓練を兼ねて)したら良いのだろう。

関東大震災の教訓を元に9月1日に催される、
あるいは東日本大震災を契機に9月11日に開催される、
避難訓練などの際に。



その際には、排水が流れない状態で行うのが望ましいけれど。



役場庁舎とか、大規模病院などで
この排水桝を探してみてはどうだろうか。

あんまり見かけないけれど、
見つけられたらラッキー、ってことで。
(「下水道がやられた時のために」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

何があっても絶対メンテナンスできる便器!?

公共施設のトイレには、
いろいろとトラブルがつきもの。


壊されたり、
何かを詰まらされたり、
ブツをはみ出して出されたり、
ゲロされたり。



「メンテナンス」なんて言葉ではあまりにも控えめな
キョーレツな対応を迫られることも多いことだろう。



それだから、であろうか。



なかなか、ガンバッタ造りのトイレを見かけたのである。



20091401.JPG



比較的新しいにも関わらず、和風便器なのであるが
周囲の床版は、全部外せるようになっているではないか!



床下の配管交換だって、便器取替だって、
すぐに対応可能なのだっ!!!



ってことだろうか。



なかなか、すごいなぁと思った次第。



六角レンチの穴に汚物が溜まっちゃいそう、とか
タイル目地無いほうが汚れがつきにくいんじゃないか、とか
蓋の隙間からゲロが下部(ピット内?)に滲みていかないか、とか
これはこれで第三者としては気になったりもするのだけれど。



どうでしょう?



そんなことわかっちゃいるけど、
何せしょっちゅう便器が壊されるんよ。
いちいち床斫って取り替えるの、大変なんよ。



そういうことなのだろうか?



こういう細工にせざるを得なかった
のっぴきならない理由があったに違いない。


関係者のご苦労に思いを馳せて……。
(「何があっても絶対メンテナンスできる便器!?」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

閑散としている観光地

いろんなパンフに、ご当地紹介に載っている構図。


20091301.JPG


なんか、人、少なくない?


前は、もっと人で溢れていたよね?



日本中、いや、世界中が
こんなふうになっているんだろう。



インバウンド、なにそれ? 状態。



人の流れが停止し、
経済が縮小し、
活気が失せ、
沈滞していく。


それでも持続するには、
どうしたらいい?


そんな中でも、
将来を見据えていこうとしたら
どんな画を描く?



あらゆるイベントが、
中止、限定縮小開催、リモートになって
とにかく人が動かない。


GO TO、
取り仕切る役割の企業が儲けるだけに、終わらない?
某巨大広告宣伝企業みたいな……。



いろいろ注意・配慮は必要ではあるけれど
経済、回さんよヤバいぜよ。

新型コロナによる犠牲者よりも
遥かに多くの経済的要因による犠牲者が出てしまうぜよ。


こういう時、ノーベル経済学賞受賞者はどんな成果を発揮する?

主催者が違うから、物理・化学・医学生理学賞と同じような貢献にはならない?



必要あって、ポツ、ポツと各地に出るけれど
どこもかしこも、明らかに人が少ない感じ。


さぁて、どうする? 新首相!?

新野党党首も、ね。
ここでイニシアチブを取ってこその、存在意義じゃね?
(「閑散としている観光地」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

天井仕上げに同化したスプリンクラーヘッド

ある公共施設に立ち入ると、
なかなかに賑やかな天井仕上げが目に飛び込んでくる。


20091201.JPG


天井から、たくさんの棒が生えてきているのである。



棒の合間合間に、ダウンライトが埋め込まれているけれど
この「棒」たちに埋没している感がある。



天井仕上げのボード目地に、ばっちり合わせて取り付けられた多数の棒。


20091202.JPG


全部同じ棒のようでいて、実は少し違和感のあるモノが混じっている。

お気づきであろうか?



20091203.JPG


棒のうちの一部は、配管とスプリンクラーヘッドに置き換えられているのだ。

包含範囲を満たすように、
一定間隔でこのセットが配置されている。



「よく考えたなぁ」と言うべきか、


「何もここまでしなくても」と言うべきか。



必要なものは必要なのだから、
それをどのように取り付けるか、
どのように建築仕上げと調和させるか、
いつだって頭の悩ませどころ、気の遣いどころなのであるが
こういうやり方も有りなんだなぁと
つくづく。



吹出口や吸込口もこれに同化させようとすると……
径が小さいので、ほとんどの棒は制気口と化してしまうかな。

そうなると、天井内のダクトの収まりがとんでもなく面倒になりそう。

だから、やらなかったに違いない。
きっと、誰かが検討したに違いない。


「でも、スプリンクラーなら……」


誰かが、目を輝かせたに、違いない。
(「天井仕上げに同化したスプリンクラーヘッド」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(2) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

輝かしい水呑と心許ないバケツ

駅のホームにあった、
とても輝かしい水呑。


ステンレス鏡面仕上げが少々くすんできたような
そんな水呑。


20091101.JPG


上には、吐水口回転形の水栓。



でもボウルが小さくて浅いから、
確実に水がビチビチ跳ねそうな、
そんな水呑。



下部にも水栓がついていて、
ホームの清掃や(泥酔者の粗相も、このご時世減っているかもしれないが)
ちょっとした水汲みに利用できるようになっている。



上部排水の貧弱さに比べて、
下部排水のグレーチングは水呑本体の径に匹敵する大きさで
大層充実している。

実質、こっちの用途がメインなのだろうか。



下部水栓にかけられている、小さなブリキのバケツ。


よおく見ると「消火用バケツ」って書いてあるんだけれど。



この小さなバケツ1個分の水で消すことが出来る火であれば
他にいかようでも手段がありそうだが?


何かのシャレ?



水呑下部の半円部分を開くようにしておいて、
その中にもちょっと大きめのバケツを重ねて何個か収納しておけば
「消火」に使えそうな気もするのだけれど。


広そうなスペース内に現状収まっているのは
細い給水管と排水管だけなのだから。



何個かあれば、バケツリレーもできるし。
(「輝かしい水呑と心許ないバケツ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする